愛媛県建設労働組合

中建国保

中建国保とは

病気やケガなどで仕事に出ることが出来なくなり、収入がなくなってしまう組合員とその家族の生活を支えるための制度です。

加入資格:
愛媛県建設労働組合の60歳未満の組合員で、中建国保の規約に基づく職種に従事しており、愛媛県に住民登録していれば加入できます。ただし、建保適用除外事業所に従事しているものは他都道府県に住民登録していても加入できます。


医療費は1ヶ月10,000円を超えた支払分が払い戻しされます。※1
70歳未満の組合員が1ヶ月(暦の上での1日から31日まで)の中で1つの医療機関で受診した場合、自己負担額が17,500円を超えた分は、払い戻しされます。 ※1 診療内容により、払い戻しにならない場合があります。
30歳以下の方は月額医療保険料が低額です。
■20歳未満なら   月額5,500円
■20歳~24歳なら   月額7,500円
■25歳~29歳なら   月額9,500円
※いずれも本人のみ加入の場合。
指定保養施設の宿泊で、1人1泊につき3,000円を補助。
対象施設は全国に約600ヶ所、県内には5ヶ所。家族旅行などに。
※施設名、所在地等の詳細は中建国保便利帳をご覧ください。
子の他にも
介護保険の支給対象となる住宅改修費のうち、介護保険から支給された額と自己負担額(1割分)の合計額を超えた時、超えた額を10万円を限度として補助します。
被保険者の方の健康増進を目的とした「健康体力づくり教室」を開催し、生活習慣病の予防に関する知識の周知を行っています。
休業手当は入院1日最高6,000円、通院1日最高4,000円を保障。※2
市町村国保にはない「傷病手当金制度」。万が一の時の生活を保障します。
※2 病気で連続5日以上労務を休んだとき、1日目から支給。3年を単位として入院・入院外それぞれ45日まで支給します。
組合の健康診断はここが違います。
・組合で実施する集団健診は自己負担が発生しません。
・組合の集団健診の項目は、「がん検診」や「胸部X線検診」などが入ったミニドック検診となっており、労働安全衛生法に基づいた健診項目も全て入っています。
・専門医による「胸部X線写真の再読影」を無料で受けることができ、じん肺・アスベスト職業病の早期発見ができます。
インフルエンザ予防接種補助
インフルエンザ
接種日において資格のあるすべての組合員・家族を対象。接種費用に関わらず、1人あたり2,000円を年度内2回補助します。
肺炎球菌
接種日において資格があり、年度中に65歳、70歳、75歳の誕生日を迎える組合員・家族が対象。市町村が実施する定期予防接種で接種費用に関わらず、1人あたり2,000円を年度内1回補助します。

種別→
被保険者数↓
30歳以上の
法人事業主
それ以外の
事業主
30歳以上の
一人親方
30歳以上の
法人従業員
それ以外の
従業員
25歳以上
30歳未満
20歳以上
25歳未満
20歳未満
組合員のみ 25,000円 24,500円 20,800円 17,800円 17,600円 11,900円 9,800円 7,700円
組合員と家族1人 29,900円 29,400円 25,700円 22,700円 22,300円 16,800円 14,700円 12,600円
組合員と家族2人 34,800円 34,300円 30,600円 27,600円 27,400円 21,700円 19,700円 17,600円
組合員と家族3人 39,700円 39,200円 35,500円 32,500円 32,300円 26,600円 24,500円 22,500円
組合員と家族4人 44,600円 44,100円 40,400円 37,400円 37,200円 31,500円 29,400円 27,300円
組合員と家族5人以上 49,500円 49,000円 45,300円 43,300円 42,100円 36,400円 34,300円 33,200円
※家族は全て23歳以上70歳未満で計算しています。
※介護保険料はふくまれていません。
※後期高齢者支援金分保険料はふくまれています。

詳しい資料の請求はこちらから