愛媛県建設労働組合

ニュース

建設キャリアアップシステム(CCUS)

「建設キャリアアップシステム(CCUS)」は、技能者の資格、社会保険加入状況、現場の就業履歴等を業界を横断的に登録・蓄積する仕組みです。このシステムの活用により技能者が能力や経験に応じた処遇を受けられる環境を整備し、将来にわたって担い手を確保することを目的としています。

 CCUS登録のメリット(技能者)

1.技能や経験が証明される
建設キャリアアップシステムの導入により、客観的に技能や経験が分かるようになります。仕事をした分だけ実績がたまり、仕事を受けやすくなる可能性があります。
※建設キャリアアップシステム利用前の「経験」を能力評価に組み込めるのは、2024年3月まで(それ以降は過去の就業日数や職長・班長経験などの経験が反映されません)。

2.目標の明確化
国土交通省は建設キャリアアップシステムの活用を通じて、就業状況や保有している資格に応じて、以下の4段階で技能者のレベル分けをしています。
レベルごとにカードの色分けがあり、目指すべきキャリア(職長や年収)が明確になります。明確化することにより個々の能力を共通のものさしで測ることができ適正な賃金を受けられる機会が広がります。

3.建退共制度との連携
建退共(建設業退職金共済制度)は、共済手帳に証紙を張り付けることで掛金を積み立てています。
建退共制度の電子申請方式の導入に伴って、建設キャリアアップシステムとデータ連携を行う事により、事務の効率化につながることが可能となります。

 CCUS登録のメリット(事業者)

技能者の就業状況等を容易に確認できるほか入退場でカードを読み取ることで、現場の入場管理等に効率化可能になります。
専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度(以下、見える化制度)は建設キャリアアップシステム(CCUS)を基にした事業者の評価制度。見える化制度と建設技能者の能力評価(レベル判定)とあわせて、技能者の処遇改善が期待できます。

 登録・能力評価(レベル判定)・見える化評価は愛媛建労で

愛媛建労は2021年10月から認定登録機関として登録業務を行っております。また、能力評価(レベル判定)申請も一部の職種を除き可能です。能力評価(レベル判定)を受けるための職種や保有資格等は職種によって異なります。
工務店(建築大工)の見える化評価制度への申請も可能で、技能者を雇用する中小工務店を対象とした「工務店評価基準」と、建築大工の一人親方等を対象にした「工務店評価S基準」の2種類が愛媛建労で申請可能です。

登録申請についてはこちらをご覧ください。
能力評価(レベル判定)についてはこちらをご覧ください。
見える化評価基準制度についてはこちらからご確認ください。
建設キャリアアップシステム(ccus.jp)のCCUSについてはこちらから。

カテゴリ:CCUS, お知らせ  投稿日時:2022/11/14